BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

キナーゼ [2013/06/09 18:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======プロテインキナーゼ======
 +細胞内でタンパク質をリン酸化で、シグナル伝達を行う。たとえば、[[今月の分子2003#​srcチロシンキナーゼ|Srcチロシンキナーゼ]]は細胞表面でレセプターが受け取った情報を、細胞内のさまざまなタンパク質をリン酸化することでシグナルを伝達している。
 +
 +======ポリヌクレオチドキナーゼ======
 +[[ATP]]あるいは[[ADP]]のリン酸とDNAの5'​末端のリン酸基との交換反応を行う。
 +=====リン酸化=====
 +^  基質 ​ ^  反応 ​ ^
 +|[[ATP]] + DNA|{{bio:​hydroxy_term5.png}} ​   + [[ATP]] ->​{{bio:​phospho_term5.png}}|
 +=====脱リン酸化=====
 +^  基質 ​ ^  反応 ​ ^
 +|[[ADP]] + DNA| {{bio:​phospho_term5.png}} ​ + [[ADP]] -> {{bio:​hydroxy_term5.png}}|
 +
 +======リンク======
 +
 +  *[[ホスファターゼ]]
 +  *[[ATP]]
 +  *[[ADP]]
 +
 +
 +
 +======書籍======
 +
 +  *{{amazon>​jp:​4879621498}}
 +  *{{amazon>​jp:​4897068754}}
 +  *{{amazon>​jp:​489706659X}}
 +
 +
 +{{tag>​酵素 実験プロトコル}}