BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

グアニジン [2013/06/09 18:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======グアニジン======
 +生理学的pHで強い塩基であるグアニジウムイオンとして存在する。タンパク質の通常の代謝生成物として尿から見つかった。実験室ではタンパク質の変性剤として用いられる。また、筋無力症の治療中にHPLCの蛍光プローブとして用いられる。([[MeSH>​68019791|MeSH]])
 +
 +/*
 +Guanidine
 +A strong organic base existing primarily as guanidium ions at physiological pH. It is found in the urine as a normal product of protein metabolism. It is also used in laboratory research as a protein denaturant. (From Martindale, the Extra Pharmacopoeia,​ 30th ed and Merck Index, 12th ed) It is also used in the treatment of myasthenia and as a fluorescent probe in HPLC.
 +*/
 +
 +{{pubchem>​l_template:​3520|Guanidine}}
 +
 +=====リンク=====
 +
 +  *[[グアニジン塩酸塩]]
 +
 +
 +{{tag>​化学構造}}