BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

グルタチオン [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======グルタチオン======
 +[[グルタミン酸]]の側鎖のカルボン酸に[[システイン]]-[[グリシン]]のN末端がアミド結合したトリペプチド。
 +
 +グルタチオンは細胞内で多くの役割をもつ。
 +  *化学物質に結合し、水溶性を高めることで排出を促す。
 +  *酵素の補酵素として働く。
 +  *タンパク質のジスルフィド結合をつなぎかえる。
 +  *ペルオキシドを還元する
 +
 +{{pubchem>​l_template:​124886|glutathione}}
 +
 +
 +=====オキシグルタチオン=====
 +酸化されたグルタチオン2量体。酸化の際に[[システイン]]側鎖のチオール基間でジスルフィド結合が形成される。
 +
 +{{pubchem>​l_template:​65359|oxyglutathione}}
 +
 +======酸化還元反応======
 +
 +^  グルタチオン ​ ^  オキシグルタチオン ​ ^
 +^  GSH       ​^ ​ GSSG  ^
 +|  {{pubchem>​small:​124886}} ​ |  {{pubchem>​small:​65359}} ​ |
 +
 +
 +略語として、グルタチオンのG、システイン側鎖のチオール基SHをあわせて**GSH**と書く場合がある。酸化されたオキシグルタチオンはジスルフィドで結合した2量体となるので**GSSG**と書く。
 +
 +
 +
 +======リンク======
 +
 +  *MeSH: [[MeSH>​68005978|glutathione]],​[[MeSH>​68019803|oxyglutathione]]
 +  *[[グルタミン酸]]
 +  *[[システイン]] / [[シスチン]]
 +  *[[:​en:​Glutathione]]
 +
 +
 +{{tag>​化学構造 酸化還元 補酵素}}