BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

タンパク質の定量法 [2013/06/09 18:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======タンパク質の定量法======
 +タンパク質の定量法には、大きくわけて二つの方法がある。
 +  -分光的(spectrophotometric)な方法 - 近紫外の吸収を測定する方法
 +  -比色法(colorimetric) - 呈色させた試料と標準溶液(([[BSA]]や[[カゼイン]]など))の比較から定量する方法
 +
 +方法によって特長や検出感度が異なる。
 +
 +^              ^方法^ ​ 測定波長 ​ ^  検出感度 ​  |
 +^近紫外吸収 ​   |分光| ​ 280 nm     ​| ​ 20-3000 µg  |
 +^Lowry法 ​      ​|比色| ​ 770 nm     ​| ​  5-100 µg  |
 +^近紫外吸収 ​   |分光| ​ 205 nm     ​| ​  1-100 µg   |
 +^Bradford法 ​   |比色| ​ 595 nm     ​| ​  1-50 µg  |
 +^BCA法(([[ビウレット|ビウレット反応]]の応用)) ​        ​|比色| ​ 562 nm     ​| ​ 0.2-50µg ​ |
 +
 +=====分光法による定量=====
 +紫外領域における吸光度の測定によってタンパク質を定量する。280nmにおける主な吸収は[[チロシン]]である。
 +
 +**タンパク質の吸光係数**\\ \\ 
 +**ε<​sub>​280nm</​sub>​** (M<​sup>​-1</​sup>​cm<​sup>​-1</​sup>​) = 5500N<​sub>​Tyr</​sub>​+1490N<​sub>​Trp</​sub>​+125N<​sub>​Cys</​sub>​\\ \\ 
 +**[protein]** = A<​sub>​280nm</​sub>​ x ε<​sub>​280nm</​sub>​ M<​sup>​-1</​sup>​\\ \\ 
 +N<​sub>​Tyr</​sub>,​N<​sub>​Trp</​sub>,​N<​sub>​Cys</​sub>:​各アミノ酸の数
 +
 +=====比色法による定量=====
 +(Colorimetric protein assay)
 +
 +
 +
 +
 +
 +======References======
 +
 +  *分光法
 +    *{{pubmed>​long:​18429266}}
 +    *{{pubmed>​long:​8563639}}
 +  *比色法
 +    *{{pubmed>​long:​19892168}}
 +    *{{pubmed>​long:​18265371}}
 +    *{{pubmed>​long:​10075906}}
 +
 +
 +
 +====== Link ======
 +
 +  *[[en:​Quantification of Protein]]
 +
 +
 +{{tag>​実験プロトコル タンパク質}}