BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

テオフィリン [2013/06/09 18:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======テオフィリン======
 +茶から得られるメチル化[[キサンチン]]で、利尿作用・筋弛緩・気管支拡張・強心作用・中枢神経刺激作用をもつ。テオフィリンは[[cAMP]]を分解する 3',​5'​-[[サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼ]]を阻害するので、[[アデニル酸シクラーゼ]]やcAMPの機能に影響を与えると考えられる。 (MeSH: [[MeSH>​68013806]])
 +
 +{{pubchem>​l_template:​2153|Theophylline}}
 +
 +======References======
 +
 +{{pubmed>​long:​15202513}}
 +{{pubmed>​long:​9658984}}
 +
 +
 +======Link======
 +
 +  *
 +
 +
 +{{tag>​化学構造 核酸 食物 喘息}}