BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

テオブロミン [2013/01/31 14:38] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======テオブロミン======
 +[[taxonomy>​3641|カカオ豆]]などの植物に含まれるアルカロイド。[[キサンチン]]アルカロイドは気管支拡張薬に用いられることがある。利尿作用や平滑筋への刺激作用は[[テオフィリン]]より弱い。中枢神経系への作用はない。(MeSH:​[[MeSH>​68013805]])
 +
 +/*
 + The principle alkaloid in Theobroma cacao (the cacao bean) and other plants. A xanthine alkaloid that is used as a bronchodilator and as a vasodilator. It has a weaker diuretic activity than THEOPHYLLINE and is also a less powerful stimulant of smooth muscle. It has practically no stimulant effect on the central nervous system. It was formerly used as a diuretic and in the treatment of angina pectoris and hypertension. (From Martindale, The Extra Pharmacopoeia,​ 30th ed, pp1318-9)
 +*/
 +
 +{{pubchem>​l_template:​5429|Theobromine}}
 +
 +{{tag>​化学構造 食物}}