BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ニンヒドリン [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======ニンヒドリン======
 +2,​2-ジヒドロキシインダン-1,​3-ジオン。皮膚や粘液に有毒な化合物。ペプチド結合の化学検出に使われる。(タンパク質の検出・同定、放射性ラベルの分析)
 +
 +/*Ninhydrin
 +2,​2-Dihydroxy-1H-indene-1,​3-(2H)-dione. Reagent toxic to skin and mucus membranes. It is used in chemical assay for peptide bonds, i.e., protein determinations and has radiosensitizing properties.
 +*/
 +
 +^Name| Ninhydrin (({{pubchem>​iupac:​10236}}))|
 +^MeSH| [[MeSH>​68009555]] |
 +^別名|1,​2,​3-インダントリオンモノヒドラート|
 +^分子式|<​chem>​C9H6O4</​chem>​|
 +^分子量|178.15 g/mol|
 +^CAS登録番号|485-47-2|
 +^形状|淡黄色固体|
 +^融点|241 ℃(分解)|
 +^安全性|[[icscja>​0766]]|
 +
 +
 +{{pubchem>​large:​10236}}
 +
 +
 +
 +
 +=====ニンヒドリン反応=====
 +ニンヒドリンと[[アミノ酸]]の反応により、ニンヒドリンが還元されアミノ酸はアルデヒドに変化し、アンモニアと二酸化炭素が発生する。
 +
 +ニンヒドリン反応(1)
 +
 +{{bio:​nynhydrin_reaction.png?​500}}
 +
 +続いて、還元ニンヒドリンとニンヒドリンがアンモニアを介して縮合し、ルーヘマン紫と水が生成する。
 +
 +ニンヒドリン反応(2) ​
 +
 +{{bio:​nynhydrin_reaction2.png?​500}}
 +
 +
 +
 +{{tag>​化学構造 アミノ酸 検出}}