BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

フェノール [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======フェノール======
 +消毒、防腐剤。広い範囲の微生物(ある種のカビやウィルスを含む)に対して有効だが、胞子に対する効果は遅い。かつては皮膚の消毒やかゆみ止めに用いられていた。
 +
 +/*
 +An antiseptic and disinfectant. It is active against a wide range of micro-organisms including some fungi and viruses, but is only slowly effective against spores. It has been used to disinfect skin and to relieve itching. (From Martindale, The Extra Pharmacopoeia,​ 30th ed, p801)
 +*/
 +
 +
 +^b.p.|182 °C|
 +^m.p.|43 °C (常温では固体)|
 +^d| 1.06 g/cm³ |
 +^[[XLogP]]| 1.6 |
 +^安全性|[[icscja>​0070]]|
 +
 +
 +{{pubchem>​l_template:​996|Phenol,​ Carbolic acid}}
 +
 +
 +
 +
 +=====バイオ実験での用途=====
 +
 +  *=> [[フェノール・クロロホルム抽出]]
 +
 +=====工業的な用途=====
 +[[http://​ja.wikipedia.org/​wiki/​%E7%94%BB%E5%83%8F:​Bakelit_Struktur.png|{{bio:​Bakelit_Struktur.png?​200|}}]]\\ {{icon>​commons}}
 +フェノール樹脂(ベークライトなど)の原料として用いられる。また、エポキシ樹脂の原料として、2液混合タイプの接着剤や集積回路などの電子部品の絶縁ポリマーなどに使われる。
 +
 +
 +  *[[wpja>​フェノール樹脂 - Wikipedia]]
 +  *[[http://​www.epoxy.gr.jp/​index.htm|エポキシ樹脂工業会]]
 +
 +
 +{{tag>​化学構造 溶媒 工業}}