BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

フェリチンとトランスフェリン [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======フェリチンとトランスフェリン======
 +
 +鉄イオンは、生体内でさまざまな役割を果たしている。[[ヘモグロビン]]の[[ヘム]]に分子状の酸素を結合したり、電子伝達系で電子一個を授受したりしている。こういった仕事は他の有機分子やタンパク質だけでは難しい反応である。
 +
 +鉄イオンは酸素によって酸化されると不溶性の酸化鉄になってしまう。そのため、生体内ではイオンの状態で保てるようなシェルターが必要であり、フェリチンやトランスフェリンといったタンパク質が鉄イオンのシェルターとして働いている。
 +
 +{{pdb>​fullSmall:​1fha}}
 +{{pdb>​fullSmall:​1h76}}
 +======Links======
 +
 +  *[[mom>​35|Ferritin and Transferrin]] - RCSB Molecule of the month
 +  *[[:​ko:​페리틴과 트랜스페린]]
 +
 +
 +
 +{{tag>​タンパク質 金属イオン 補因子}}