BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ヘプタクロル [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======ヘプタクロル======
 +以前はシロアリやその他の昆虫を防除するために使われていた人工化合物。1980年後半の間にアメリカでは生産が中止されたが、まだ土壌や有害廃棄場には残っている。動物やヒトにも明らかに有害だが、国際がん研究機関はヘプタクロルはヒトに対する発がん性があるものと分類できないと決定している。(ATSDR((米国毒性物質登録管理局)) Public Heath Statement, April 1989)
 +
 +
 +^Name| Heptachlor, Heptamul |
 +^MeSH| [[MesH>​68006533]] |
 +^Molecular Weight| 373.318 g/mol |
 +^Molecular Formula| <​chem>​C10H5Cl7</​chem>​ |
 +^ICSC|[[icscja>​0743]]|
 +
 +
 +{{pubchem>​large:​3589}}
 +
 +
 +
 +======リンク======
 +
 +  *[[wpja>​IARC発がん性リスク一覧]] - Wikipedia
 +
 +
 +{{tag>​化学構造 発がん性}}