BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ペプシン [2013/06/09 18:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======ペプシン======
 +ペプシンは消化系の中で最初に見つかったタンパク質で、胃の中でポリペプチド鎖はペプシンの活性サイトの深くに結合し([[pdb>​5pep]])、小さな断片に分解される。その後、腸のさまざまなプロテアーゼやペプチダーゼがさらに分解を進め、そのアミノ酸やジペプチドといった小さい断片は、細胞に吸収され、代謝エネルギーや新しいタンパク質の原料となる。
 +
 +
 +{{pdb>​fullSmall:​5pep}}
 +{{pdb>​fullSmall:​3psg}}
 +
 +======Links======
 +
 +  *[[今月の分子2000]]
 +  *[[mom>​12|Pepsin - RCSB PDB]]
 +  *[[:​ko:​펩신]]
 +
 +
 +{{tag>​タンパク質 酵素 胃 消化}}