BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

侵入生物データベース [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======侵入生物データベース======
 +
 +^[[http://​www.nies.go.jp/​biodiversity/​invasive/​mammals_sp.html|ほ乳類]]|
 +^[[http://​www.nies.go.jp/​biodiversity/​invasive/​birds_sp.html|鳥類]]|
 +^[[http://​www.nies.go.jp/​biodiversity/​invasive/​reptiles_sp.html|は虫類]]|
 +^[[http://​www.nies.go.jp/​biodiversity/​invasive/​amphibias_sp.html|両生類]]|
 +^[[http://​www.nies.go.jp/​biodiversity/​invasive/​fish_sp.html|魚類]]|
 +^[[http://​www.nies.go.jp/​biodiversity/​invasive/​insects_sp.html|昆虫類]]|
 +^[[http://​www.nies.go.jp/​biodiversity/​invasive/​others_sp.html|その他の動物]]|
 +^[[http://​www.nies.go.jp/​biodiversity/​invasive/​vascular_sp.html|維管束植物]]|
 +
 +
 +独立行政法人 [[http://​www.nies.go.jp/​index-j.html|国立環境研究所]]は日本における侵入生物を調査し、データベースを公開している。
 +
 +人間の活動によって本来の生息地から離れた場所に持ち込まれた生物が、その土地の固有種を駆逐、淘汰していくことがある。食用として輸入した種や、害獣の補食のために別の土地に放したもの、あるいは愛玩動物として飼育していたものが野生化してしまうのが原因のひとつである。
 +
 +
 +
 +
 +
 +
 +{{tag>​データベース}}