BioWiki

神経ガス

神経伝達物質であるアセチルコリンの分解を阻害するガス。 アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼに結合し、反応を阻害することで、アセチルコリンがシナプスに蓄積される。その結果、アセチルコリンレセプターが常に活性化されてしまい、筋肉のけいれんなどがおこる。

解毒方法

アセチルコリンと競合するアトロピンなどはアセチルコリンレセプターに競合的に結合することによって症状を緩和できる。VXガスやサリンガスの解毒剤として用いられる。1)

リンク

1) 地下鉄サリン事件で解毒剤として使用された。また、映画「ザ・ロック」の中でも主人公が使う場面がある。