BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

codon_table_11 [2013/01/31 14:38] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======バクテリア・植物プラスチドのコドン表 [no.11]======
 +
 +(The Bacterial and Plant Platid Code)
 +
 +コドン表11はバクテリア、古細菌、原核ウィルス、葉緑体タンパク質に用いられる。標準コードと同様、開始コドンはAUGが最も翻訳効率が高い。加えて、GUGやUUGによる開始も古細菌やバクテリアで報告されている(({{pubmed>​long:​6343825}}{{pubmed>​long:​3521591}}{{pubmed>​long:​7592355}}{{pubmed>​long:​7730278}}{{pubmed>​long:​8946162}}{{pubmed>​long:​9821671}}{{pubmed>​long:​14633098}}))。//​E. coli//​では、タンパク質の約3%のタンパク質の開始にUUGが用いられているという(({{pubmed>​long:​9278503}}))。CUGは//​E. coli//​のプラスミドにコードされたタンパク質(RepA)の開始コドンとして知られている(({{pubmed>​long:​1447126}}))。**N**UGによる開始に加え、バクテリアに稀なケースとして、AUUによる開始があり、これはpoly(A)ポリメラーゼPcnBや開始因子IF3をコードしているInfCに見られる(({{pubmed>​long:​1660923}}{{pubmed>​long:​8405963}}{{pubmed>​long:​8946162}}{{pubmed>​long:​12068810}}))。アミノ酸に対するコドンの割り当ては標準コドンと同様だが、枯草菌((おそらくE.coliでも))においてTrpの翻訳効率は低い(({{pubmed>​long:​8488562}}{{pubmed>​long:​10648957}}))。
 +
 +{{:​geneticcode11.jpg|}}
 +
 +{{tag>​コドン}}