BioWiki

プラスチック器具に使える溶媒

バイオの実験で使われる器具と溶媒に対する安定性の目安(室温)

材質 耐性
LDPE1)HDPE2)PS3)PE4)PVDF5) PP6)
アセトニトリル O O X X O O
アセトン X X O X X 7)
イソプロパノール O O O O O O
エーテル X X X X O X
エタノール O O O O O O
キシレン X X X X O 8)
クロロホルム X X X X O X
ジエチルエーテル X X X X O X
ジメチルスルホキシド(DMSO) O O O O X O
N,N-ジメチルホルムアミド(DMF) O O O X X O
フェノール X X X X Δ9) 10)
n-ブタノール O O O O O O
メタノール O O O X O O

参考サイト

Nalgeneのサイト(英語)では、材質と溶媒の組み合わせで検索できる。 *General Chemical Resistance ThermoScientific社11)による「Chemical Compatibility Quick Reference Chart」 *http://www.thermoscientific.com/ecomm/servlet/techresource?resourceId=98921

リンク切れ

1) 低密度ポリエチレン
2) 高密度ポリエチレン
3) ポリスチレン
4) ポリエチレン
5) ポリビニリデンフルオライド
6) ポリプロピレン
7) , 8) damages at 50ºC
9) neat
10) 5% soln. damages at 50ºC
11) 2009年、ThermoFisherScientificがNalge Nunc Internationalを買収した