BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

g418 [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======G418(ジェネティシン)======
 +タンパク質合成阻害抗生物質。ジェネティシン(Geneticin)。
 +
 +{{pubchem>​l_template:​123865}}
 +
 +=====耐性遺伝子=====
 +  *[[アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼ|Neor/​Kanr]]
 +    *InterProエントリ [[interpro>​IPR012149]]
 +
 +=====調製法=====
 +
 +粉末としても水溶液(50mg/​mL)として販売されている。\\ 粉末から調整する場合、Geneticin活性としては重量に対して70%程度になるので、そこから換算して調製できる。\\ \\ 
 +
 +^水溶液濃度^使用濃度^1Lあたり^100mLあたり^
 +|50mg/​mL|300-1100μg/​mL|600 - 2200 μL|60 - 220μL|
 +参考:[[http://​www.invitrogen.com/​content/​sfs/​manuals/​3756.pdf|Invitrogen社の資料]]
 +
 +活性が50mg/​mL相当の溶液を粉末から調製するには・・・
 +
 + **50mL調製**
 +  (重量) = (濃度)x(量)÷(比活性) = 50 x 0.05 ÷ 0.7 = 3.57 g
 +
 + **20mL調製**
 +  (重量) = (濃度)x(量)÷(比活性) = 50 x 0.02 ÷ 0.7 = 1.43 g
 +
 +
 +  -上記[[G418硫酸塩]]を<​chem>​H2O</​chem>​に溶解し、各溶液量にメスアップ。
 +  -フィルター滅菌し、冷蔵庫あるいは冷凍庫で保存。
 +
 +
 +
 +
 +
 +======リンク======
 +
 +  *[[抗生物質]]
 +    *[[カナマイシン]]
 +    *[[ネオマイシン]]
 +
 +
 +{{tag>​化学構造 抗生物質 調製法}}