BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

haba [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== HABA ======
 +2-(4-**H**ydroxyphenyl**a**zo)**b**enzoic **a**cid
 +
 +[[アビジン]]・[[ビオチン]]結合のアッセイに用いられる色素。HABA/​アビジン複合体の500nmの吸光度の変化を滴定に利用する。
 +
 +
 +^ Name  |HABA(({{pubchem>​iupac:​5357439}}))|
 +^ MW    | 242.2301 g/mol|
 +^ Formula ​ |<​chem>​C13H10N2O3</​chem>​|
 +^ XLogP  |2.3  |
 +
 +
 +{{pubchem>​large:​5357439}}
 +
 +
 +
 +=====滴定の例=====
 +**アビジン濃度の決定方法**
 +  -アビジン溶液に2当量以上のHABAを添加する。\\ -> 500nmの吸収増大。
 +  -ビオチンを一定量(たとえば0.1当量)ずつ添加していく \\ -> ビオチンがHABAを追い出すので500nmの吸収が減少する。
 +  -500nmの吸収をプロットする。
 +  -吸収の減少がなくなるまで2~3を繰り返す。\\ ->​吸収が減少しなくなったところのビオチン量がアビジン量として計算できる。
 +
 +  *※ビオチン溶液濃度を正確にするため、ストック溶液は大きなスケールで調製(100mLとか500mLとか)
 +  *※HABA濃度はそれほど正確でなくてもいいが、アビジンの結合サイトを飽和させなければいけない。
 +
 +====== Reference ======
 +
 +{{pubmed>​long:​14340040}}
 +
 +
 +{{tag>​アビジン・ビオチン 化学構造}}