BioWiki

TAG: ゲル

ページ内容タグ
アガロースゲル アガロースゲル アガロースゲルは数kbpのDNAの電気泳動や、分子量の大きなタンパク質の分離・精製に用いられる。より小さなDNAの分離にはポリアクリルアミドゲルが用いられる。 アガロースの濃度とDNAの分画範囲 , ,
アクリルアミド アクリルアミド アクリロニトリルの水和から得られる無色・無臭で高い水溶性のビニルモノマー。実験室での電気泳動やクロマトグラフィーや、電子顕微鏡観察、汚水処理に用いられる。 ポリアクリルアミドゲル電気泳動(PAGE)のモノマーとして知られる。神経毒のため取り扱いに注意を要する( , , ,
ポリアクリルアミドゲル ポリアクリルアミドゲル ポリアクリルアミドゲルは、DNAの電気泳動によく用いられる。数bpから1000bp程度の比較的短いDNAを分離することができる。数kbpのDNAを分離するにはアガロースゲルを用いる。 アクリルアミドゲル濃度とDNAのサイズ , , ,