BioWiki

シグナル伝達

ページ内容タグ
cAMP cAMP 環状AMP(cyclic AMP)。糖の3'位と5'位でエステル結合が形成されている。ATPからアデニル酸シクラーゼで生成され、cAMPサイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼでAMPに加水分解される。エピネフリンやグルカゴンやACTHといったホルモンレセプターのシグナル伝達を媒介する役割を担っている。( , ,
Gタンパク質 Gタンパク質 細胞同士のメッセージは、すぐ隣の細胞への伝えられることもあれば、血管を通って遠くに届けられることもある。多くの場合、メッセージの多くは細胞表面のレセプターで受け取り、細胞膜を通って、細胞質内のGタンパク質に伝えられる。ヒトの細胞では、このGタンパク質によるシステムが一般的なシグナル伝達方法である。 , ,
アセチルコリン アセチルコリン 神経伝達物質。脊椎動物のアセチルコリンは、神経や筋肉、自律神経節、副交感神経、交感神経の一部分など、多くの中枢神経系で主要な伝達物質である。アセチルコリンは、 , , ,
アドレナリンレセプター アドレナリンレセプター 私たちの体には、ウィルスやバクテリアの侵入後に働く防御機構だけでなく、危険を回避する本能的な機構も備えている。この機構のひとつが、エピネフリン(アドレナリン)ホルモンの分泌である。本能的に危険を感じた場合に、副腎から体全体にエピネフリンが分泌され、「危険だ」というメッセージを各組織が受け取る。エピネフリンの濃度の増加を細胞内へ伝えるのが、このアドレナリンレセプターである。… ,
カルモジュリン カルモジュリン カルシウムは、体の中で最も豊富なミネラルで、二番目に豊富なのがリン。そして、これらカルシウムとリンがおよそ2kgにもなる強固な骨を形成している。 しかし、カルシウムイオンは骨の形成だけでなく、情報伝達にも関わっている。カルシウムイオン結合タンパク質であるカルモジュリンは、カルシウム結合時に構造を変えて、その構造変化を他のカルモジュリン依存タンパク質がシグナルとして受け取る。筋肉の収縮やインスリンの放出、あるいは受精卵が2着以降の精子をブロックするためのシグナル伝達にもカルシウムイオンが関わっている。… , , , ,
コレラトキシン コレラトキシン コレラトキシンは細胞表面の炭化水素に結合し、細胞内に毒性ドメインを運ぶ。そして、細胞内のGタンパク質にADPを結合させ続け、細胞の情報伝達を阻害することで死に至らしめる。 , , ,
ニューロトロフィン ニューロトロフィン ニューロトロフィンは神経系で分泌される小さなシグナルタンパク質である。条件によって、神経細胞を生存させるシグナルとして働く場合もあれば、細胞を殺すというまったく逆のシグナルとして働く場合もある。 , ,