BioWiki

化学構造

ページ内容タグ
1,3-ビスホスホグリセリン酸 1,3-ビスホスホグリセリン酸 リンク * 3-ホスホグリセリン酸 代謝反応 化学構造 ,
2-ピネン 2-ピネン 樟脳、殺虫剤、溶媒、可塑剤、香料基剤、合成ピネン油の製造などに用いられる。皮膚や粘膜を痛める。昆虫の誘引剤にもなる。α-ピネン。 Links * MeSH * 2-pinene 化学構造
3,5,3',5'-テトラクロロビフェニル 3,5,3',5'-テトラクロロビフェニル ポリ塩化ビフェニルの一つ。 化学構造
3-ホスホグリセリン酸 3-ホスホグリセリン酸 リンク * 1,3-ビスホスホグリセリン酸 化学構造 代謝反応 ,
5-メチルシトシン 4-amino-5-methyl-3H-pyrimidin-2-one , ,
6-メチルアデニン 6-メチルアデニン アデニン6位のアミノ基がメチル化されたシトシン。ゲノムにおけるメチル化塩基は、塩基対を形成するための水素結合を阻害しない。 Links * 核酸 * 5-メチルシトシン * rRNA (adenine-N6-)-methyltransferase (EC 3.5.2.6) 化学構造 核酸 修飾塩基 メチラーゼ , , ,
8-キノリノール 8-キノリノール (8-ヒドロキシキノリン) 静真菌性・静抗菌性・駆虫・抗アメーバ作用がある。試薬や金属イオンのキレート剤、検査用の放射性インジウムのキャリアとして使われる。また、ハロゲン化誘導体は局所的な消毒剤や口内の抗アメーバ剤として使われる。DNAを抽出する ,
ADP, アデノシン二リン酸 ADP, アデノシン二リン酸 塩基としてアデニンをもち、糖に2つのリン酸がエステル結合しているヌクレオチド。 リンク * Adenosines * ATP * ADP * AMP * cAMP 化学構造 核酸 ,
AMP AMP アデノシンモノリン酸はADPの加水分解によって生成される。また、cAMPからホスホジエステラーゼによる加水分解によっても生成される。 リンク * Adenosines * ATP * ADP * AMP * cAMP 化学構造 核酸 ,
ATP ATP アデノシン3リン酸(ATP)は、塩基としてアデニンを持っている核酸。発エルゴン的なADPへの加水分解反応によって、生体内での「エネルギー通貨」として重要な役割を担っている。また、シグナル伝達因子として働いたり、RNAやDNAの原料となる。 ,
cAMP cAMP 環状AMP(cyclic AMP)。糖の3'位と5'位でエステル結合が形成されている。ATPからアデニル酸シクラーゼで生成され、cAMPサイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼでAMPに加水分解される。エピネフリンやグルカゴンやACTHといったホルモンレセプターのシグナル伝達を媒介する役割を担っている。( , ,
Chemical Markup Language(CML) Chemical Markup Language(CML) CMLは有機化合物や高分子ポリマーの化学構造などの情報をXMLで表す。幅広い情報がXMLで構造化されることによって、多くのソフトウェアやWebサービスの共通フォーマットとして使うことができる。
CHES CHES Name CHES Molecular Formula CAS No.103-47-9pKa(20ºC)9.55 バッファー 化学構造 ,
EDTA EDTA 分子の中心に配位結合を介して金属イオンを結合する、キレート試薬。医薬品の製造に用いられたり、食品の添加物として用いられる。(Chelating Agents, Edetic Acid) 調製法 0.5M EDTA (pH 8.0) EDTA-2Na-2水和物 186.1 g 700 mL (最終 1L) , , , ,
Fmoc-Cys(Trt)-OH Fmoc-Cys(Trt)-OH リンク * アミノ酸 * システイン * 固相合成用アミノ酸 化学構造 ペプチド 化学合成 , ,
Fmoc-Gly-OH Fmoc-Gly-OH リンク * 固相合成用アミノ酸 ペプチド 化学合成 化学構造 , ,
Fmoc-Ile-OH Fmoc-Ile-OH CAS No.71989-23-6m.p.143-145℃ リンク * イソロイシン * 固相合成用アミノ酸 化学構造 ペプチド 化学合成 , ,
Fmoc-Leu-OH Fmoc-Leu-OH CAS No.35661-60-0m.p.154 - 155°C リンク * ロイシン * 固相合成用アミノ酸 化学構造 ペプチド 化学合成 , ,
Fmoc-Met-OH Fmoc-Met-OH リンク * メチオニン * 固相合成用アミノ酸 化学構造 ペプチド 化学合成 , ,
Fmoc-OSu Fmoc-OSu ペプチドの固相合成を行うためのモノマーの合成に用いる前駆体。Fmoc-Clも同様に用いられる。 リンク * Fmoc-OSu (Merck) 化学構造 ペプチド 化学合成 , ,
Fmoc-Phe-OH Fmoc-Phe-OH リンク * フェニルアラニン * 固相合成用アミノ酸 化学構造 ペプチド 化学合成 , ,
Fmoc-Thr(tBu)-OH Fmoc-Thr(tBu)-OH リンク * スレオニン * 固相合成用アミノ酸 化学構造 ペプチド 化学合成 , ,
Fmoc-Tyr(tBu)-OH Fmoc-Tyr(tBu)-OH Name Fmoc-Tyr(tBu)-OH CAS No.71989-38-3Molecular Formula Molecular Weight 459.534m.p.143-155℃ リンク * チロシン * 固相合成用アミノ酸 化学構造 ペプチド ,
Fmoc-Val-OH Fmoc-Val-OH リンク * バリン * 固相合成用アミノ酸 化学構造 ペプチド 化学合成 , ,
G418(ジェネティシン) G418(ジェネティシン) タンパク質合成阻害抗生物質。ジェネティシン(Geneticin)。 耐性遺伝子 * Neor/Kanr * InterProエントリ IPR012149 調製法 粉末としても水溶液(50mg/mL)として販売されている。 粉末から調整する場合、Geneticin活性としては重量に対して70%程度になるので、そこから換算して調製できる。 , ,
GlycylGlycine (Gly-Gly) GlycylGlycine (Gly-Gly) もっとも単純な最小のペプチドで、バッファーの溶質としても用いられる。 リンク * グリシン * 緩衝液 * MeSH - Glycylglycine バッファー 化学構造 アミノ酸 ペプチド , , ,
HABA HABA 2-(4-Hydroxyphenylazo)benzoic acid アビジン・ビオチン結合のアッセイに用いられる色素。HABA/アビジン複合体の500nmの吸光度の変化を滴定に利用する。 Name HABA MW 242.2301 g/mol Formula XLogP 2.3 滴定の例 アビジン濃度の決定方法 ,
L-オルニチン L-オルニチン 尿素サイクルでアルギニンから尿素とともに生成される塩基性アミノ酸。リジンとよく似た構造で、側鎖の炭素がひとつすくない。 リンク * アミノ酸 * 塩基性アミノ酸 * リジン * ヒスチジン * アルギニン * MeSH: 68009952 尿 代謝反応 アミノ酸 塩基性アミノ酸 化学構造 , , , ,
MOPS MOPS Name MOPS Molecular Weight 209.2633 g/mol Molecular Formula XLogP -1.2 pKa(25ºC) 7.17 リンク * 緩衝液 バッファー 化学構造 ,
N,N-ジメチルホルムアミド(DMF) N,N-ジメチルホルムアミド(DMF) Name DMF Molecular Weight 73.0938 g/mol Molecular Formula XLogP-0.4d0.944 g/cm3m.p.−61 ºCb.p.153 ºC安全性0457 容器について DMFはプラスチックを溶解するため、実験に用いる容器の材質に注意する。 ,
N-アセチルノイラミン酸 N-アセチルノイラミン酸 ノイラミン酸のN-アシル誘導体。N-アセチルノイラミン酸は、動物やバクテリアの多くの多糖、糖タンパク質、糖脂質に見られる。 Links * MeSH * N-Acetylneuraminic acid シアル酸 化学構造 mesh , ,
n-ブタノール n-ブタノール Name 1-butanol n-butanolMolecular Weight 74.1216g/mol Molecular Formula Density 0.81 g/cm³ Solubility 7.7g/100 mL (20℃)m.p.−90 ℃b.p.117 ℃safety0111XLogP 0.9 リンク * ブタノール濃縮 化学構造 溶媒 ,
PIPES PIPES Goodバッファーのひとつで、中性付近に緩衝能をもつ。pKa=7.48 (25ºC)。 バッファー 化学構造 ,
S-アデノシルメチオニン S-アデノシルメチオニン 生理学的なメチルラジカルの供与化合物で、酵素によるメチル転移反応に関わり、すべての生物組織の中に存在する。抗炎症作用があり、慢性的な肝疾患の治療に使われてきた。 , ,
Tricine Tricine -> pKa(25ºC): 8.05 リンク * 緩衝液 化学構造 バッファー ,
Tris Tris pKaが中性付近で分光学測定も可能なため、生化学実験でTris-HClバッファーとして使用されることが多い。 Name Tris base TromethamineMeSH 68014325 Molecular Weight 121.13504 g/mol Molecular Formula ,
Tween 20 Tween 20 mono-9-octadecanoate poly(oxy-1,2-ethanediyl)の誘導体。両親媒的なポリオキシエチレンの性質によりエマルジョンの調製や溶質の可溶化に用いられる。 界面活性剤 調製法 化学構造 , ,
α-リノレン酸 (18:3) α-リノレン酸 (18:3) 植物に含まれる必須脂肪酸で、プロスタグランジンの代謝反応に関わる。 化学構造 植物 必須脂肪酸 脂肪酸 , , ,
αケトグルタル酸 αケトグルタル酸 2位にオキソ基をもつ1,5-ペンタンジカルボン酸。多くの代謝反応に関わる。 リンク * アミノ酸 化学構造 代謝反応 ,
γ-リノレン酸 (GLA, 18:3) γ-リノレン酸 (GLA, 18:3) 必須脂肪酸の一つでプロスタグランジンの前駆体。酵素によってジホモ-γ-リノレン酸に変換される。 化学構造 必須脂肪酸 脂肪酸 , ,
アクリルアミド アクリルアミド アクリロニトリルの水和から得られる無色・無臭で高い水溶性のビニルモノマー。実験室での電気泳動やクロマトグラフィーや、電子顕微鏡観察、汚水処理に用いられる。 ポリアクリルアミドゲル電気泳動(PAGE)のモノマーとして知られる。神経毒のため取り扱いに注意を要する( , , ,
アクリロニトリル アクリロニトリル プラスチックや接着剤、化学ゴムの製造で広く使われる。毒性の高い化合物。 * MeSH: 68000181 | * 化学物質安全性: あらゆる接触を避ける - 0092 リンク * アクリルアミド 毒 化学構造 ,
アスコルビン酸(ビタミンC) アスコルビン酸(ビタミンC) グルコースに類似した6炭素化合物。柑橘類の果実や多くの野菜に含まれる。還元型のアスコルビン酸は人間に必須の栄養素であり、組織と骨の接合に必要である( , ,
アスパラギン アスパラギン Asparagine, Asn, N 非必須アミノ酸の一つで、神経や脳組織の細胞機能の代謝制御に関わる。アスパラギン酸とアンモニアからアスパラギンシンテターゼによって生合成される。 最初にアスパラガスから単離されたため、その名にちなんで命名された。 , ,
アスパラギン酸 アスパラギン酸 Aspartic acid, Asp, D 非必須アミノ酸の一つで、多くはL型で存在する。動物や植物に存在し、特にサトウキビやテンサイに多く含まれる。神経伝達物質としても働く。 Name L-Aspartic acid , , , ,
アセタゾラミド アセタゾラミド Sodium salt Wikipedia リンク * 高血圧 - メルクマニュアル家庭版 22章 医薬 利尿 化学構造 , ,
アセチルコリン アセチルコリン 神経伝達物質。脊椎動物のアセチルコリンは、神経や筋肉、自律神経節、副交感神経、交感神経の一部分など、多くの中枢神経系で主要な伝達物質である。アセチルコリンは、 , , ,
アデニル酸シクラーゼ アデニル酸シクラーゼ ATPを環状化してcAMPを合成する酵素。 Protein familyAdenylate cyclaseEC4.6.1.1 PDB entry Reference リンク * ATP/cAMP * サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼ 酵素 atp 化学構造 , ,
アトロピン アトロピン 最初にベラドンナから抽出されたアルカロイド。ナス科など、他の植物にも存在する。アセチルコリンと競合してレセプターに結合するため、硫酸塩は神経ガスの解毒剤としても用いられる。 リンク , ,
アフラトキシンB アフラトキシンB カビであるAspergillus flavusが産生するマイコトキシンで、肝臓に対する毒であり、肝臓がんを引き起こすことがある。変異原性、催奇性で、動物の免疫抑制を引き起こす。ピーナッツ・綿実食品・トウモロコシ・その他穀物に混入する。このマイコトキシンは活性化のためにアフラトキシンB1 2,3-oxideにエポキシ化が必要である( ,
アフラトキシンBエポキシド アフラトキシンBエポキシド (aflatoxin B1-2,3-oxide) 化学構造 毒 ,
アフラトキシンM1 アフラトキシンM1 4位が水酸化されたアフラトキシンBの代謝物で、ASPERGILLUSに汚染された食品に含まれるマイコトキシンのひとつ。肝障害や肝臓癌にかかわっており、P450の活性化を経てエポキシドによるDNAのアルキル化を引き起こす。 ,
アフラトキシンQ1 アフラトキシンQ1 化学構造 毒 ,
アミノレブリン酸 アミノレブリン酸 スクシニルCoAとグリシンから生成される化合物で、ヘムの生合成の中間体。日光角化症の治療にも用いられる。(ALAと略される場合がある) アミノ酸 代謝反応 化学構造 , ,
アミノ酸 アミノ酸 アミンとカルボン酸を有する有機分子。生体内では核酸でコードされる20種類のアミノ酸を含め、様々なアミノ酸が存在する。 遺伝子にコードされるアミノ酸 Amino acidAbbr.Amino acid ,
アラキドン酸 (AA, 20:4) アラキドン酸 (AA, 20:4) 多価不飽和脂肪酸で、必須脂肪酸のひとつ。動物細胞のリン脂質の構成要素で、動物やヒトの脂肪細胞にみられ、肝臓・脳・腺組織にも存在する。リン脂質やジアシルグリセロール、あるいは必須脂肪酸のリノレン酸から合成され、 , ,
アラニン アラニン Alanine, Ala, A 側鎖がメチル基の非必須アミノ酸。グルタミン酸のアミノ基の転移によってピルビン酸から合成される。また、逆反応によって分解される。アラニンは細胞質に高濃度で存在している。糖や酸の代謝にもかかわり、免疫力の向上や、筋肉組織・脳・中枢神経系へのエネルギーの供給にもかかわる。 , , ,
アラントイン アラントイン 尿や植物に見られる尿素-ヒダントインで、外皮用薬剤に用いられる。 Name Allantoin MeSH 68000481 Molecular Weight 158.11544 g/mol Molecular Formula XLogP -2 化学構造 代謝反応 ,
アリル基 アリル基 二重結合で結合した炭素2つを含む官能基。 食物に含まれるアリル化合物 身近な食物の強烈な匂いや味の成分として、硫黄原子とアリル基を含んだものが多い。 硫化アリル (allyl sulfide) , ,
アルギニン アルギニン Arginine, Arg, R 側鎖に塩基性のグアニジノ基をもつ必須アミノ酸。アンモニアから尿素を生成し、窒素を排泄する尿素サイクルでは、アルギニンを経て尿素とオルニチンが生成される。 語源は白い硝酸銀塩から、ラテン語の「白い、 , , , ,
アントシアニン アントシアニン アントシアニンは、フラボノールから派生したフラボノイド群の一つで、4位のケトン酸素がない。cyanidin, pelargonidin, delphinidinは、アントシアニンに糖が付加したものである。その結合によって植物の花が青、赤、紫といった色を発色する。 , ,
アンピシリン アンピシリン 細胞壁合成を阻害する抗生物質。ペニシリンから半合成され、広い範囲の抗菌スペクトルを示す。 Name Ampicillin MeSH 68000667 Molecular Weight 349.406 g/mol Molecular Formula 耐性遺伝子 * アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼ * ラクタマーゼ * βラクタマーゼ - InterPro , ,
アンピシリンナトリウム塩 アンピシリンナトリウム塩 水溶性の高いアンピシリンのナトリウム塩。 リンク * アンピシリン 化学構造 抗生物質 塩 , ,
アンフェタミン アンフェタミン 強力な中枢神経刺激物で交感神経様作用薬。アンフェタミンは、アドレナリンとドーパミン吸収をブロックする作用、モノアミンの放出、モノアミンオキシダーゼの阻害などの作用がある。アンフェタミンは乱用薬物であり、幻覚発現薬である。L体は中枢神経への作用は少ないが、心臓血管作用は強い。D体はデクストロアンフェタミンと呼ばれる。 ,
アンフォテリシン アンフォテリシン 南米ベネゼエラのオリノコ河の土壌から得られたStreptomyces nodosusが生産するマクロライド抗菌・抗生物質。真菌のエルゴステロールに結合し、細胞膜にポアを形成させる。実際に死に至らせる原因はいくつかあるようである。 ,
アンメリド アンメリド リンク * メラミン添加によるペットフード原材料の擬装 - 愛知県衛生研究所 化学部 * メラミン * シアヌル酸 * アンメリド * アンメリン 化学構造
アンメリン アンメリン リンク * メラミン添加によるペットフード原材料の擬装 (愛知県衛生研究所 化学部) * メラミン * シアヌル酸 * アンメリド * アンメリン 化学構造 毒 ,
イソプロパノール イソプロパノール 1-プロパノールの異性体。無色の液体で、殺菌・消毒作用をもつ。アセトンやアセトン誘導体の合成過程で用いられたり、溶媒・溶剤として用いられる。局所的な消毒に用いられる。 , ,
イソプロピルクレゾール (チモール) イソプロピルクレゾール (チモール) 香草のタイムオイルから得られるフェノール化合物。医薬品の安定剤としても使われる。殺菌剤、抗菌剤、あるいは抗真菌効果が利用されてきた。また、以前は防虫剤として用いられてきた。(MeSH: ,
イソロイシン イソロイシン Isoleucine, Ile, I 分岐した疎水性側鎖を持つ必須アミノ酸。ロイシンと組成が同一な構造異性体(isomer)。イソロイシンは、側鎖がβ炭素で分岐しているため、側鎖が主鎖と近接して自由度が低い。そのため、二次構造形成傾向がロイシンとは大きく異なる。( , , ,
イノシン イノシン プリン環をもつヌクレオシドで、ヒポキサンチン基がN9でリボースの1'位に結合している。プリン環やプリンヌクレオシドから尿酸への分解反応の中間体。また、tRNAのアンチコドンにも現れることがある。(MeSH: , ,
イブプロフェン イブプロフェン 非ステロイド系の抗炎症剤で、鎮痛剤としてリウマチや関節炎の治療に用いられる。(MeSH) 有効な異性体 イブプロフェンのプロピオン酸部分のメチル基は光学活性であり、そのうち、(S)-(+)-イブプロフェン (dexibuprofen)が , ,
イミダゾール イミダゾール 1,3-ジアゾール。2つの窒素を含む芳香環で、窒素の間に炭素を1つはさむ構造になっている。二重結合が還元されると、イミダゾリン、イミダゾリジンとなる。窒素が並んだ構造のジアゾールは、 ,
インシュリン インシュリン (インスリン) 膵臓で作られる51アミノ酸のペプチドホルモンで、グルコース代謝を制御している。グルコース生産を抑制し、間接的にグルカゴンの分泌と脂質分解を抑える。 , , ,
ウラシル ウラシル ピリミジン骨格をもつ核酸塩基で、核酸の構成要素 Links * 核酸 * ピリミジン 化学構造 塩基 ,
ウレタン ウレタン 抗腫瘍性の化合物で、獣医用の麻酔薬にも使用され、有機合成の中間体としても用いられる。発がん性が疑われている。 Links * MeSH: 68014520 * 化学物質安全性カード: 0314(あらゆる接触を避ける) ,
エイコサペンタエン酸 (EPA, 20:5) エイコサペンタエン酸 (EPA, 20:5) 生命活動に重要な多価不飽和脂肪酸のひとつで、魚油などに含まれている。プロスタグランジン-3やトロンボキサン-3 といった化合物の前駆体として必要とされる。EPAの摂取は血清中の脂質濃度を下げ、心臓血管疾患の発生率を下げ、血小板凝集を防ぎ、 , ,
エストラジオール エストラジオール 一般にはエストラジオールの17β異性体とされ、芳香性18員環ステロイドの3β・17βに水酸基をもつ。エストラジオール17βは哺乳類のエストロゲン様作用が最も強い構造である。ヒトでは、最初に卵巣と胎盤で作られる。また、エストラジオールは男性や閉経後の女性の脂肪組織でも作られる。17α異性体は , ,
エタノール エタノール 無色透明の液体。胃腸から速やかに吸収されて体に循環する。抗菌活性があるので、しばしば、局所的な消毒に使用される。溶媒や保存液として広く用いられ、アルコール飲料の成分でもある。 ,
エチジウム エチジウム 化学構造
エチジウムブロマイド エチジウムブロマイド エチジウムは、抗トリパノソーマ薬・抗ウィルス薬であり、分子生物学や生化学の実験で用いられてきた。エチジウムは、核酸への結合・ニコチン性アセチルコリンレセプターへ非競合的阻害・蛍光といった実験に便利な特性を持っている。高い発がん性を持っているため扱いに注意が必要な化合物であり、発がん性の低い蛍光物質で代替するようになった。… , , ,
エチレングリコール エチレングリコール 不凍水溶液を作る際に広く用いられる溶媒。無色・無臭・粘性の高い溶液で、2つの水酸基をもつアルコール。甘味を持つが、有毒である。 エチレングリコールは市販されているグリコールの中でもっとも重要で、米国で大量生産されている。冷媒のための不凍液や、油圧油、不凍ダイナマイト、樹脂として利用される。 ,
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム 水溶性の高いEDTAナトリウム塩。 Name Disodium edetate, EDTA·2Na Molecular Weight 336.2063 g/mol Molecular Formula ,
エピネフリン(アドレナリン) エピネフリン(アドレナリン) 多くの種で副腎髄質から放出される交感神経作用物質。α、βアドレナリン作用系を刺激し、血管収縮と胃腸の弛緩、心臓への刺激、気管支や大脳の血管を拡張する。喘息や心不全の際に使われたり、局所麻酔の吸収を遅らせるために使われる。 ,
エルゴステロール エルゴステロール エルゴステロールはカビなどの真菌類の細胞膜を構成するステロイド。真菌類の細胞膜中のエルゴステロールの役割は、動物細胞におけるコレステロールと類似している。エルゴステロールから紫外線によってビタミンD , ,
オキサロ酢酸 オキサロ酢酸 シュウ酸から得られるケトジカルボン酸 (ketodicarboxylic acid)。オキサロ酢酸はクエン酸サイクルの中間体であり、アミノ転移反応によってアスパラギン酸に変換される。 リンク * アミノ酸 * アスパラギン酸 * クエン酸サイクル * シュウ酸 * MeSH: 68020351 化学構造 代謝反応 アミノ酸 , ,
オレイン酸 (18:1) オレイン酸 (18:1) 自然に豊富に存在する不飽和脂肪酸。ステアリン酸と同じ炭素数(18)で中央に二重結合を持つ。リン脂質や糖脂質の脂肪鎖として脂質膜を形成する。 化学構造 脂肪酸 ,
カナマイシン カナマイシン リボソーム30sサブユニットに結合し、タンパク質の合成を阻害する抗生物質。日本の土壌中のStreptomyces kanamyceticusが生産する複合抗生物質。カナマイシンAのほかに、少量のカナマイシンB,カナマイシンCが構成成分。 , ,
カフェイン カフェイン 天然に存在するメチルキサンチンで、飲料や医薬品に含まれる。カフェインのもっとも顕著な効果は中枢神経系への刺激で、覚醒・興奮作用を示す。また、平滑筋の弛緩・心筋の刺激・利尿作用があり、一部の頭痛の治療に便利である。細胞内でのカフェインの作用がいくつか観測されてはいるが、薬学的な性質の効果すべてが明らかになっていない。作用のうちのもっとも重要なものは、サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼの阻害、アデノシン受容体への拮抗作用、細胞内カルシウムの調節である。… ,
カフェイン一水和物 カフェイン一水和物 リンク * カフェイン * ICSC: 0405 化学構造
カプサイシン カプサイシン カプサイシン (capsaicin) はアルカロイドのうちカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつ。唐辛子の辛味をもたらす主成分で、辛味の指標であるスコヴィル値における基準物質。 ,
カプサンチン カプサンチン 唐辛子の赤色の主成分。辛味の主成分はカプサイシン Name Capsanthin Paprika extractMeSH 67006889 Molecular Weight 584.87084 g/mol Molecular Formula XLogP 6.9 リンク * カプサイシン 化学構造 食物 色素 , ,
カロテン カロテン (carotene) 緑黄色野菜に多く含まれる天然に存在する色素で、キサントフィルとともにカロテノイドと呼ばれる。炭化水素のみからなるものをカロテン(carotene)、酸素を含むものをキサントフィル(xanthophyll)と呼ぶこともある。語源はにんじんの「carrot」に由来する。 , ,
カンプトテシン カンプトテシン 中国のCamptotheca acuminataから単離されたアルカロイド。核内ではたらくDNAトポイソメラーゼIの機能を特異的に阻害する。半合成されたアナログのいくつかが抗がん活性を示す。 化学構造 核 抗癌剤 , ,
キサンチン キサンチン ヒトのほとんどの体組織・体液、ある種の植物、尿結石で見つかるプリン塩基。アデノシン一リン酸から尿酸への酸化反応の中間体。メチル化キサンチンであるカフェイン、テオブロミン、テオフィリンやその誘導体は、気管支拡張薬に用いられる。(MeSH: , ,
キシレン キシレン Name xylene, dimethylbenzene Molecular Weight 106.165Molecular F.Name p-xylene o-xylene m-xylene 1,4-xylene 1,2-xylene 1,3-xylene PubChem Links * 化学物質安全性カード:p-xylene,o-xylene,m-xylene 化学構造 溶媒 ,
クロラムフェニコール クロラムフェニコール タンパク質の翻訳を阻害する抗生物質。リボソーム50SサブユニットのA部位に結合し、ペプチジルトランスフェラーゼ活性を阻害する。原核細胞も、クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ(IPR001707)によって耐性を得る。 , ,
クロロフィル クロロフィル Links * 光合成系I * ヘム 化学構造 植物 光合成 補因子 , , ,
クロロホルム クロロホルム 実験用の溶媒。過去には麻酔薬として用いられたこともあったが、発ガン性が指摘されたため使用が禁止された(アメリカ)。 b.p. 61.15 - 61.70°Cm.p. -63.2 - -63.5°CICSC ,
グアニジン グアニジン 生理学的pHで強い塩基であるグアニジウムイオンとして存在する。タンパク質の通常の代謝生成物として尿から見つかった。実験室ではタンパク質の変性剤として用いられる。また、筋無力症の治療中にHPLCの蛍光プローブとして用いられる。(
グリシン グリシン Glycine, Gly, G 側鎖がなく、光学異性(L-,D-)もない最も単純なアミノ酸。語源はその甘みから。さまざまな生合成経路で現れ、たとえば、ヘモグロビンの補因子であるポルフィリン環はグリシンと , , ,
グリセロール グリセロール 3つの水酸基を持つ糖。炭化水素や脂肪の代謝の中間体である。また、溶媒・皮膚軟化剤・製剤試薬・甘味料としても用いられる。 Name Glycerol MeSH 68005990 Molecular weight , ,
グルカゴン グルカゴン グルコース代謝と恒常性維持の役割を果たすホルモンペプチド。グルコース生産を増加させ、グルコース分解を減少させ、血中のグルコース濃度を制御する。逆の働きをするのが , ,
グルタチオン グルタチオン グルタミン酸の側鎖のカルボン酸にシステイン-グリシンのN末端がアミド結合したトリペプチド。 グルタチオンは細胞内で多くの役割をもつ。 * 化学物質に結合し、水溶性を高めることで排出を促す。 * , ,
グルタミン グルタミン Glutamine, Gln, Q 側鎖にアミド結合を持つ非必須アミノ酸。αケトグルタル酸からグルタミン酸を経て生合成される。 体に豊富に存在している非必須アミノ酸で、多くの代謝反応に関わっている。グルタミン酸とアンモニアから生合成される。そのため、もっとも重要な窒素源の運び役である。また、多くの細胞で重要なエネルギー源としても用いられる。 , , ,
グルタミン酸 グルタミン酸 Glutamic acid, Glu, E 側鎖にカルボン酸を持つアミノ酸で、αケトグルタル酸から生合成される非必須アミノ酸。側鎖にカルボン酸をもつアスパラギン酸と共に酸性アミノ酸としてタンパク質立体構造の形成や酵素活性に重要な役割を果たす。 , , , ,
グルタミン酸ナトリウム グルタミン酸ナトリウム 調味料の一つで、肉のような風味をだすために用いられる。医学的にはアンモニア性窒素血症の血中アンモニア濃度を下げるのに使われたり、肝性昏睡・精神病・知能障害の治療にも使われる。 , , ,
コカイン コカイン コカを含む植物から抽出されるアルカロイドエステル。麻酔薬あるいは血管収縮剤として用いられ、特に、目・耳・鼻・のどに用いられる。同時に、アンフェタミンと同様、中枢神経に影響を与え、乱用薬物でもある。コカインは、アンフェタミンと似たコカインは、脳のカテコールアミン性ニューロンに様々な機構で影響を与え、その機構はドーパミンの吸収阻害を含んでいると思われる。(MeSH:… , ,
コリン コリン ホスファチジルコリン (レシチン)の基本成分で、植物や動物の組織に含まれる。アセチルコリンの前駆体であり、さまざまな代謝反応や脂質代謝において、メチル基の供給源となる。(MeSH) 化学構造 神経 代謝反応 , ,
コレステロール コレステロール すべての高等動物の主要なステロールで、体組織、特に脳や脊髄、動物性脂肪や油脂に分布している。 Link * MeSH 化学構造 ステロイド 動物 , ,
コール酸 コール酸 肝臓で生産される主要な胆汁酸で、普通はグリシンとタウリンの合成によって作られる。脂質の吸収やコレステロールの排出を促進する。(MeSH: 68019826) 化学構造 代謝反応 ステロイド , ,
サルフォラファン サルフォラファン ブロッコリーなどに含まれる発ガン抑制物質。 References * * * 化学構造 食物 ,
シアヌル酸 シアヌル酸 リンク * 安全性 1313 * メラミン添加によるペットフード原材料の擬装 (愛知県衛生研究所 化学部) * メラミン * シアヌル酸 * アンメリド * アンメリン 化学構造
シスチン シスチン 2分子のシステインのチオール基が酸化され(電子を放出し)、ジスルフィド結合によって結合した化合物 リンク * システイン * グルタチオン 酸化還元 アミノ酸 化学構造 , ,
システイン システイン Cystein, Cys, C 側鎖にチオール基(-SH)をもつアミノ酸。チオール基は、酸化還元反応(たとえばグルタチオンの酸化還元反応)や金属の配位子としての役割を果たす。生体内ではメチオニンから生合成する経路がある。2分子のシステインのチオール基が酸化し、結合したものは , , , , ,
シトシン シトシン ピリミジン塩基であり、シトシンヌクレオチドの基本骨格。 Links * 核酸 * ピリミジン 化学構造 核酸 塩基 , ,
シニグリン シニグリン リンク * アリル 化学構造
シュウ酸 シュウ酸 多くの植物や野菜に含まれる、強いジカルボン酸。体内でグリオキシル酸やアスコルビン酸の代謝反応で生成され、尿中に排出される。分析試薬や還元試薬としても用いられる。 Links * クエン酸 化学構造 代謝反応 ,
シルデナフィル シルデナフィル クエン酸シルデナフィルはファイザーによって開発され、勃起不全や肺高血圧症(PAH)の治療薬として「バイアグラ」「レバティオ」等の商標で売られている。市場での競合薬としては、 , ,
ジアシルグリセロール ジアシルグリセロール 2つのアシル基(R-CO-)を持つグリセロールの総称。アシル基としてステアリン酸・パルミチン酸・オレイン酸といった長鎖脂肪酸をもつものはリン脂質などとして脂質二重膜を形成する。 ジパルミトイルホスファチジルコリン ,
ジアセチル ジアセチル バター、酢、コーヒーなどの食品の香料 リンク * MeSH * 国立労働安全衛生研究所(NIOSH)による、ミズーリ州ポップコーン工場における労働者の暴露評価 * NIOSH Evaluates Worker Exposures at a Popcorn Plant in Missouri 化学構造 香料 ,
ジエチルスチルベストロール ジエチルスチルベストロール 更年期障害に治療に用いられる非ステロイド系の合成エストロゲン。以前は動物の成長促進剤として用いられていた。米国NTPのCarcinogens年次レポート(1985)によれば、ジエチルスチルベストロールは発がん性物質に挙げられた。(MeSH: ,
ジエチレングリコール ジエチレングリコール リンク * パナマにおける謎の疾病 原因はジエチレングリコール(愛知県衛生研究所 化学部) * Case Definition: Toxic Alcohols(米国CDC) * Fatalities Associated with Ingestion of Diethylene Glycol -Contaminated Glycerin Used to Manufacture Acetaminophen Syrup(米国CDC) * 食の安全学 番外編2 パナマ毒シロップその後(薬の安全学) * 化学物質安全性カード 化学構造 毒 ,
ジチオスレイトール ジチオスレイトール 生化学実験によく用いられる還元試薬で、SH(チオール)基が酸化してジスルフィド結合の形成を防ぎ、ジスルフィド結合を2つのチオール基に還元する。他のチオール試薬のような激しい臭いがない。 ,
ジヒドロテストステロン ジヒドロテストステロン 男性ホルモンであるテストステロンの代謝物。このジヒドロテストステロン (DHT) はテストステロンの5α位の還元によって生成される。テストステロンとは異なり、DHTはエストラジオールまで還元できない(二重結合を生成できない)ため、DHTは純粋な男性ステロイドホルモンと考えられる。 , ,
ジホモ-γ-リノレン酸 (DGLA, 20:3) ジホモ-γ-リノレン酸 (DGLA, 20:3) 必須脂肪酸の一つ。アラキドン酸に似ており、5位の二重結合部分だけが異なる。 化学構造 必須脂肪酸 脂肪酸 , ,
ジメチルアセタミド ジメチルアセタミド 抗凍結 化学構造 ,
ジメチルスルホキシド (DMSO) ジメチルスルホキシド (DMSO) 非常に極性の高い溶媒。細胞膜を通過することができるため、薬剤の局所適用の溶剤として用いられる。また、組織の凍結防止にも用いられる。DMSOは無痛覚・消炎といった範囲の薬剤活性も示す。 , ,
スクシニルCoA スクシニルCoA S-アシル補酵素A。脂肪酸補酵素Aから作られ、生合成反応や脂肪酸の酸化反応、セラミド生成に関わる。 (MeSH) 化学構造 補酵素 ,
ステアリン酸 (18) ステアリン酸 (18) 化学構造 脂肪酸 ,
ストレプトマイシン ストレプトマイシン 原核細胞のタンパク質合成を阻害する抗生物質。リボソームの23S rRNAに結合し、mRNAを誤翻訳させることによって、鎖開始/伸長を阻害する。土壌放線菌、Streptomyces griseusが生産する。 , ,
ストレプトマイシン硫酸塩 ストレプトマイシン硫酸塩 リンク * 抗生物質 * ストレプトマイシン 化学構造 塩 抗生物質 , ,
スレオニン スレオニン Threonine, Thr, T ほとんどはL型で存在する必須アミノ酸のひとつ。卵、牛乳、ゼラチンやその他のたんぱく質に含まれる。 Name L-Threonine MeSH 68013912 Molecular Formula CAS No. , , ,
セリン (2S)-2-amino-3-hydroxy-propanoic acid , , ,
タウリン タウリン 恒常的に必要とされる栄養素のひとつで、動物の発達に重要な化合物。牛乳にも含まれているが、ほとんどは牛の胆汁から胆汁酸とアミド結合した化合物(タウロコール酸)として単離される。 Wikipedia
タウロコール酸 タウロコール酸 胆汁酸とタウリンが結合した化合物。この化合物のナトリウム塩は肉食動物の胆汁の主成分である。タウロコール酸は吸収をうながすために脂肪を可溶化し、それ自身も吸収される。胆汁分泌促進薬として用いられる。 ,
タダラフィル タダラフィル タダラフィルは男性の勃起不全の処置に使われる。ICOSで開発され、イーライリリーが「シアリス」という商標で販売している。 米国では、2003年12月にFDAの認可を受け、シルデナフィル(バイアグラ)、 , ,
タブン タブン 毒ガスの一つで、1963年、有機リン系の農薬開発過程で見つかった、最初の神経ガス。 アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼに結合し、反応を阻害する。その結果、アセチルコリンが分解されないため、シナプスにアセチルコリンが蓄積され、アセチルコリンレセプターが四六時中活性化されてしまう。筋肉に信号を延々送り続けることになり、けいれんを起こす。… , ,
チアミン (ビタミンB1) チアミン (ビタミンB1) 化学構造 補酵素 ビタミン , ,
チロキシン チロキシン 甲状腺から分泌される主要なホルモン。チロキシンはチロシンのヨウ化を経て(モノヨードチロシン)、チログロブリンの中で2つのヨードチロシンが結合することで合成される。チロキシンはチログロブリンが分解をうけることで血液中に放出される。チロキシンは末梢で脱ヨウ化されてトリヨードチロニンとなり、細胞の代謝を幅広く刺激する作用を示す。… , ,
チロシン チロシン Tyrosine, Tyr, Y 非必須アミノ酸。動物はフェニルアラニンから生合成できる。エピネフリンや甲状腺ホルモンやメラニンの前駆体である。 Name L-Tyrosine MeSH 68014443 CAS No.60-18-4Molecular Weight 181.18854 g/mol Molecular Formula XLogP -1.8 m.p.290 - ℃pK1 , , ,
テオフィリン テオフィリン 茶から得られるメチル化キサンチンで、利尿作用・筋弛緩・気管支拡張・強心作用・中枢神経刺激作用をもつ。テオフィリンはcAMPを分解する 3',5'-サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼを阻害するので、アデニル酸シクラーゼやcAMPの機能に影響を与えると考えられる。 (MeSH: , , ,
テオブロミン テオブロミン カカオ豆などの植物に含まれるアルカロイド。キサンチンアルカロイドは気管支拡張薬に用いられることがある。利尿作用や平滑筋への刺激作用はテオフィリンより弱い。中枢神経系への作用はない。(MeSH: ,
テストステロン テストステロン 強い男性ホルモンで、睾丸のライディッヒ細胞分泌主成分。下垂体からの黄体形成ホルモン (LH, luteinizing hormone) によってテストステロン生産が刺激される。逆に、分泌されたテストステロンは下垂体のLHや卵胞刺激ホルモン (FSH, follicle-stimulating hormone) の分泌をフィードバック制御する。組織によってはテストステロンをさらに , ,
デヒドロアスコルビン酸 デヒドロアスコルビン酸 酸化されたアスコルビン酸(ビタミンC)で、酸化還元によって可逆的に還元される。2,3-ジケトグロン酸のラクトンであり、ヒトへの経口投与で抗壊血作用がある。 Name Dehydroascorbic Acid , ,
デヒドロコール酸 デヒドロコール酸 コール酸から作られる半合成胆汁酸。胆汁分泌促進薬として用いられたり、検査補助薬として用いられる。(MeSH: 68003685) 化学構造 ステロイド ,
トリアゾール トリアゾール 窒素を3つ含む芳香性の5員環。 窒素を含む5員環 ピロール イミダゾール ピラゾール トリアゾール 複素環 化学構造 ,
トリプトファン トリプトファン Tryptophan, Trp, W 必須アミノ酸で、幼児の成長や、成人の窒素源の調節に必要とされる。植物においては、インドールアルカロイドの前駆体である。また、抗鬱剤・睡眠補助剤として用いられているセロトニンの前駆体でもある。効率は悪いが、動物ではナイアシンの前駆体としても働く。 , ,
トロンボキサン トロンボキサン エイコサノイドとして呼ばれる脂質群のひとつ。主要なものは、トロンボキサンA2とトロンボキサンB2である。 トロンボキサンA2 プロスタグランジンエンドペルオキシドとトロンボキサンB2の間の不安定な中間体。血小板凝集や血管収縮を誘導する。ウサギ動脈収縮物質(rabbit aorta contracting substance, RCS)の構成要素。 ,
ドコサヘキサエン酸 (DHA, 22:6) ドコサヘキサエン酸 (DHA, 22:6) 化学構造 必須脂肪酸 脂肪酸 , ,
ドルゾラミド ドルゾラミド 眼圧低下作用のある効果的なカルボニックアンヒドラーゼ阻害剤 塩酸塩 化学構造 医薬 利尿 , ,
ナスニン ナスニン 日本のなすびの外皮に含まれる紫色のアントシアン系色素。熱によって分解、褐変する。 この色素は、金属イオンと錯体を形成して安定化する。漬け物にするときに、色を鮮やかに保つためにミョウバンを加えたり鉄釘と一緒に漬けるのはこのためである。 , , ,
ニンヒドリン ニンヒドリン 2,2-ジヒドロキシインダン-1,3-ジオン。皮膚や粘液に有毒な化合物。ペプチド結合の化学検出に使われる。(タンパク質の検出・同定、放射性ラベルの分析) Name Ninhydrin MeSH , ,
ネオマイシン ネオマイシン 原核細胞のリボソームに結合し、タンパク質の合成を阻害する抗生物質。Streptomyces fradiaeが生産する。 Name Neomycin, Framycetin MeSH 68005601 Molecular Weight 614.644 g/mol Molecular Formula CAS1405-10-3 耐性遺伝子 ,
ノイラミン酸 ノイラミン酸 化学構造
ハイグロマイシン ハイグロマイシン 原核細胞、真菌、真核細胞のタンパク質合成を阻害するアミノグリコシド系抗生物質。ハイグロマイシンフォスフォトランスフェラーゼ(Hph)がハイグロマイシンにリン酸を転移し、リボソーム70Sへの結合を防ぐ。アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼと同様の機構である。 ,
ハイグロマイシンフォスフォトランスフェラーゼ ハイグロマイシンフォスフォトランスフェラーゼ ハイグロマイシンフォスフォトランスフェラーゼはATPからハイグロマイシンへリン酸を転移させる。リン酸が付加されることで、ハイグロマイシンはリボソームに結合できなくなる。 , , ,
ハロタン ハロタン 不燃性のハロゲン化炭化水素。興奮状態がまったくなく(あってもわずか)、比較的速やかに吸収される麻酔薬。無痛覚には不適正。亜酸化窒素とともに使われる。ハロタンは十分な筋弛緩を起こさないので筋神経系をブロックする薬剤が必要とされる。 (From AMA Drug Evaluations Annual, 1994, p178)(MeSH: ,
バリン バリン Valine, Val, V 側鎖に疎水性の側鎖をもつ必須アミノ酸。分岐鎖をもつ分岐鎖アミノ酸であり、刺激作用ももつ。筋肉や組織修復を促進するアミノ酸であり、ペニシリン生合成の前駆体でもある。語源はアミノ吉草酸(valeric acid)の「Val」から。 , , ,
バルデナフィル バルデナフィル バルデナフィルはホスホジエステルエステラーゼ5の阻害剤で、勃起不全治療に用いられる。男性が性交渉中の勃起を維持することを補助する。市場では「レビトラ」という商標でバイエルが販売している。 , ,
パルミチン酸 (16) パルミチン酸 (16) 動物の脂肪や植物油に含まれる、炭素数16の飽和脂肪酸。ヘキサデカン酸。 化学構造 脂肪酸 ,
ヒスチジン ヒスチジン Histidine, His, H 側鎖にイミダゾール基を持つ塩基性アミノ酸。必須アミノ酸。イミダゾール基は酵素反応において基質の中間体を安定化させたり、金属イオンの配位子となって酵素の活性部位で重要な役割を果たすことが多い。ヒスタミンの前駆体である。 , , , ,
ヒダントイン ヒダントイン 二重結合を持たない、還元化イミダゾリンの誘導体 Name Hydantoin MeSH 68048289 (2005) Molecular Weight 100.07606 g/mol Molecular Formula XLogP -1.3 化学構造
ヒドロキシプロリン ヒドロキシプロリン 水酸基の付加したプロリン(イミノ酸)。 皮膚などの組織に必要なコラーゲンは、プロリンヒドロキシラーゼによってプロリンが翻訳後修飾を受けてできる。アスコルビン酸が欠乏するとヒドロキシプロリン生成できなくなる。(ビタミンCが肌に良いとされる理由の一つである。) , ,
ヒポキサンチン ヒポキサンチン アデノシンの代謝反応中間体のプリン。核酸として再生される反応経路がある。 化学構造 核酸 塩基 , ,
ビオチン ビオチン 水溶性の補酵素で、すべての細胞にごく少量必要とされ、ビタミンHとも呼ばれる。多くはタンパク質やポリペプチドにアミド結合した状態で存在しており、肝臓・腎臓・脾臓や、酵母や牛乳、卵白に含まれる。ヒトの腸内細菌が作り出すことも知られている。 , , ,
ピラゾール ピラゾール 2つの窒素が並んだ構造の複素芳香環。イミダゾールと窒素の位置が異なる。 窒素を含む5員環 ピロール イミダゾール ピラゾール トリアゾール * MeSH: 68011720 化学構造 複素環 ,
ピリミジン ピリミジン 6員環の複素環で、天然にさまざまな置換体が存在する。シトシン、チミン、ウラシルといった核酸の構成要素である。 Name Pyrimidine Y MeSH 68011743 Molecular Weight 80.08796 g/mol Molecular Formula XLogP -0.3 Links * 核酸 * ,
ピルビン酸 ピルビン酸 炭化水素、アミノ酸、タンパク質、脂肪などの代謝系における中間体。チアミン(ビタミンB1)欠乏症では、ピルビン酸の酸化が遅れ、神経などの組織に蓄積してしまう。 化学構造 代謝反応 ビタミン , ,
ピレン ピレン Links * Safety 1474 * SDBS: 878 化学構造
ピロール ピロール ひとつの窒素原子をもつ5員環(アゾール)であり、二つの二重結合をもつ芳香環。 窒素を含む5員環 ピロール イミダゾール ピラゾール トリアゾール リンク * ポルフィリン * MeSH: 68011758 複素環 化学構造 ,
フェニルアラニン フェニルアラニン Phe, F 必須アミノ酸で、芳香環側鎖を持つ。メラニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、チロキシンといったホルモンの前駆体である。 Name L-Phenylalanine CAS No.63-91-2MeSH 68010649 Molecular Weight 165.18914 g/mol , , ,
フェノール フェノール 消毒、防腐剤。広い範囲の微生物(ある種のカビやウィルスを含む)に対して有効だが、胞子に対する効果は遅い。かつては皮膚の消毒やかゆみ止めに用いられていた。 b.p. , ,
フラボノイド フラボノイド フラボンに似た構造をもつフェニルベンゾピラン類。(MeSH: 68005419) リンク * フラボノール * アントシアニン 化学構造 色素 植物 , ,
フラボノール フラボノール フラボノイド群のうち、3位がヒドロキシル、4位がケトンになっているもの。 リンク * フラボノイド * アントシアニン 色素 化学構造 ,
ブプロピオン ブプロピオン 単環のアミノケトン抗うつ剤。治癒の作用機構はあまり分かっていないが、ドーパミンの再吸収を阻害するようである。ブプロピオンの塩酸塩は、禁煙補助剤として用いられる。 , ,
ブレオマイシン ブレオマイシン ブレオマイシンは、1966年、日本の梅沢浜夫博士によって発見された抗癌剤で、Streptomyces verticillusで非リボソーム合成で産生される糖ペプチド。金属イオンを補因子としてキレートし、分子状酸素を活性化することフリーラジカルを作ってDNAを損傷すると考えられている。(MeSH: , ,
プリン プリン プリン塩基として知られる複素環で、自然界では置換基をもつ多様な誘導体が存在する。核酸であるアデニンとグアニンはプリン塩基をもち、また、カフェインやテオフィリンのような多くのアルカロイドもプリン塩基を含む。 , ,
プロピオン酸クロベタゾール プロピオン酸クロベタゾール Prednisoloneの誘導体で高い糖質コルチコイド活性と低いミネラルコルチコイド活性がある。皮膚吸収がfluocinonideよりも速く、乾癬の治療に用いられるが、副腎皮質機能が抑制される。 , ,
プロリン プロリン Pro, P 遺伝子にコードされるアミノ酸の中で、唯一のイミノ酸。側鎖によって主鎖の構造が最も制限されるアミノ酸。二次構造の間にターンを形成させたり、特殊な二次構造(ex. コラーゲン)を形成させる。 , ,
ヘプタクロル ヘプタクロル 以前はシロアリやその他の昆虫を防除するために使われていた人工化合物。1980年後半の間にアメリカでは生産が中止されたが、まだ土壌や有害廃棄場には残っている。動物やヒトにも明らかに有害だが、国際がん研究機関はヘプタクロルはヒトに対する発がん性があるものと分類できないと決定している。(ATSDR ,
ベンゼン ベンゼン 有毒で揮発性、可燃性の液体炭化水素で、石化炭化水素の蒸留段階で得られる。塗料・ニス・ラッカー薄め液・ガソリンなどの工業用の溶媒に使われる。ベンゼンは中枢神経系を激しく損傷し、骨髄に慢性的な損傷を引き起こし、発がん性物質でもある。かつては寄生虫駆除に用いられていた。(MeSH: , ,
ベンゾピレン ベンゾピレン ピレンにさらに芳香環が付加した化合物。変異・ガン化の原因となりうる。環境汚染物質として、あるいはタバコの煙中の成分として労働者に影響があるため、健康への影響が社会問題となっている。 ,
ペニシリン ペニシリン Penicillin G ペニシリンの誘導体で、感染症の治療にはナトリウム塩かカリウム塩のものが用いられる。グラム陽性菌の多くとグラム陰性球菌に効果がある。γアミノブチル酸(GABA)が媒体となるシナプス間伝達に対する効果があるため、経験的にけいれん薬としても用いられてきた。 ,
ホスゲン ホスゲン 毒性の非常に高いガスで、化学兵器として使用されてきた。これは、致死濃度のガスを吸入してもすぐには刺激がない、潜行性の毒である。(The Merck Index, 11th ed, p7304) 毒 神経 化学構造 , ,
ホスファチジルコリン ホスファチジルコリン Name Phosphatidylcholine Molecular Weight 314.249401 g/mol Molecular Formula 化学構造
ポルフィリン ポルフィリン ポルフィン環を含む化合物をポルフィリンと呼ぶ。ポルフィン環は4つのピロール環がメチンで環状に架橋されており、それらピロール環が修飾されたさまざまな誘導体が存在する。側鎖の異なる誘導体は、接頭語が付加されて呼ばれる。(例:ウロポルフィリン, ヘマトポルフィリン,プロトポルフィリンなど) ポルフィリンは鉄と結合し、ヘモグロビンやミオグロビンのような生物学的に非常に重要なヘムを形成する。(… , , ,
ポルフィン ポルフィン (MeSH: 68011166) 複素環 化学構造 ,
メタノール メタノール 無色・可燃性の液体で、フォルムアミドや酢酸の生産・有機化学合成・不凍溶媒のための溶媒として用いられる。メタノールは有毒であり、摂取により失明することがある。 ,
メタミドホス メタミドホス Link * 化学物質安全性カード 化学構造 毒 ,
メチオニン メチオニン Methionine, Met, M 側鎖に硫黄原子をもつ必須アミノ酸。硫黄原子は、メチル基を他の分子に供与したり、他の分子を受け取る重要な役割を果たしている。また、重金属の配位子としても働く。 , , , ,
メラミン メラミン リンク * メラミン添加によるペットフード原材料の擬装 (愛知県衛生研究所 化学部) * メラミン * シアヌル酸 * アンメリド * アンメリン * Chemical safety cards: 1154 毒 化学構造 ,
モルホリン モルホリン 化学構造 溶媒 ,
リジン リジン Lysine, Lys, K 側鎖に4つのメチレンを挟んでアミノ基をもつ塩基性アミノ酸で、必須アミノ酸の一つ。家畜の飼料に混合される。 語源は、カゼインの加水分解物(lysis)から見つかったことから。 , , ,
リノール酸 (18:2) リノール酸 (18:2) 多価不飽和脂肪酸の一つ。植物の配糖体に幅広く存在する。プロスタグランジンや細胞膜の生合成に必要とされる必須脂肪酸である。 化学構造 必須脂肪酸 脂肪酸 , ,
レチナール レチナール 視物質のカロテノイド成分。視覚サイクルの活性物質として働くレチノールが酸化された構造である。オプシンと結合してロドプシンを形成する。可視光を吸収するとロドプシン複合体のレチナール部分の11位の二重結合がシス体に異性化する。(暗反応では通常のトランス体に戻る。) ,
レチノール(ビタミンA) レチノール(ビタミンA) レチノールは、網膜の代謝・上皮組織の分化・骨形成・再生・免疫応答などに必須の栄養素。植物のさまざまなカロテンから分解して生成される。また、肝臓・卵黄・乳製品の脂肪分に多く含まれている。 , ,
ロイシン ロイシン Leucine, Leu, L 疎水性の側鎖を持つ必須アミノ酸。ヘモグロビン合成に重要なアミノ酸の一つである。 Name L-Leucine MeSH 68007930 CAS No.61-90-5Molecular Weight 131.17292 g/mol Molecular Formula , , ,
固相合成用アミノ酸 固相合成用アミノ酸 Fmoc-Ala-OH Fmoc-Ala-OHCAS No.35661-39-3Name2-(9H-fluoren-9-ylmethoxycarbonylamino)propanoic acidMolecular Formula C18H17NO4 Molecular Weight 311.3366 m.p.150 - 154℃ Fmoc-Arg(Pbf)-OH Fmoc-Arg(Pbf)-OHCAS No.154445-77-9NameN-α-Fmoc-N-γ-(2,2,4,6,7-pentamethyldihydrobenzofuran-5-sulfonyl)- ,
塩化スキサメトニウム 塩化スキサメトニウム (スクシニルコリン) 4級アミンをもつ筋弛緩剤で、通常、臭素化物、塩化物、ヨウ素化物として存在する。これは、脱分極弛緩剤で、約30秒で作用し、平均3~5分の持続時間がある。スクシニルコリンは、短時間の筋弛緩が必要な外科的、麻酔、あるいはその他の処置に用いられる。(
塩化ベルベリン 塩化ベルベリン 下痢の治療薬。腸内の菌の増殖を抑え、腐敗や発酵を抑制する。腸の異常な亢進を抑える。 植物由来で、漢方薬の黄柏(オウバク)の成分としても知られる。 化学構造 医薬 漢方 , ,
尿素 尿素 尿素はアミノ酸の脱アミノ化で発生するアンモニアから肝臓で生成される。タンパク質代謝・アミノ酸代謝の最終生成物で、尿中の成分の半分は尿素。また、尿素水溶液にはタンパク質の変性作用があり、タンパク質の可溶化や構造安定性の評価に用いられる。 , ,
尿酸 尿酸 キサンチンやヒポキサンチンといったオキシプリンのキサンチンオキシダーゼによる酸化生成物。ヒトや霊長類のプリン代謝の最終生成物で、他のほとんどの哺乳動物では尿酸オキシダーゼがアラントインに酸化する。 Name , ,
有機リン系農薬 有機リン系農薬 神経ガスの類似化合物で、害虫の呼吸系を麻痺させる。 フェニトロチオン -> 化学物質安全性カード - 国立医薬品食品衛生研究所 マラチオン -> 化学物質安全性カード - 国立医薬品食品衛生研究所 パラチオン -> 化学物質安全性カード - 国立医薬品食品衛生研究所 , , , ,
核酸 核酸 ヌクレオチドのポリマー(ポリヌクレオチド)で、一般に、3'位と5'位がリン酸ジエステルで架橋された、分岐しない線状ポリマーを核酸と呼ぶ。DNA(deoxyribonuleic acid), RNA(ribonucleic acid)の二種類がある。 ,
水酸化ナトリウム 水酸化ナトリウム Link * 化学物質安全性カード 化学構造 塩基 ,
炭酸カルシウム 炭酸カルシウム 炭酸カルシウム塩 ()。無味無臭の粉末または結晶で、自然界に存在する。血液透析患者のリン酸バッファー、カルシウムの補給などの治療に用いられる。 Link * 炭酸 * MeSH 化学構造 酸 塩 , ,
硫酸ドデシルナトリウム (SDS) 硫酸ドデシルナトリウム (SDS) 化学構造 界面活性剤 ,
胆汁酸 胆汁酸 リンク * タウリン * タウロコール酸 化学構造 ステロイド ,
葉酸(ビタミンB) 葉酸(ビタミンB) ビタミンB群に属し、造血系を活性化する。肝臓や腎臓に存在し、マッシュルーム、ホウレンソウ、イースト、緑色の葉や草(イネ)に含まれている。葉酸欠乏症や巨赤芽球性貧血の治療や予防に用いられる。(MeSH: , ,
酢酸 酢酸 エタノールの酸化や木の分解蒸留で得られる、カルボン酸を持つ有機酸。酢酸は主に試薬として用いられ、刺激剤として用いられることもある。純度が高く含水量が少ないものは固体となるため、氷酢酸と呼ばれることがある。 , ,
酢酸カリウム 酢酸カリウム 化学構造 塩 ,
酢酸ナトリウム 酢酸ナトリウム Name Sodium acetate Molecular Weight 82.0338g/mol Molecular Formula 3M NaOAc調製法 * 酢酸ナトリウム三水和物 204.1g (1.5 mol)を 400mLくらいに溶かす。 * 酢酸でpHをあわせる。(pH 5.2) * で溶液量を500mLにする。 * 滅菌・冷蔵保存。 , , ,
酢酸ナトリウム三水和物 酢酸ナトリウム三水和物 Name Sodium acetate trihydrate Molecular Weight 136.08g/mol Molecular Formula 3M NaOAc調製法 * 酢酸ナトリウム三水和物 204.1g (1.5 mol)を 400mLくらいに溶かす。 * 酢酸でpHをあわせる。(pH 5.2) * で溶液量を500mLにする。 , , ,