BioWiki


ページ内容タグ
LD50 LD50 物質の毒性の評価として用いられる。ある物質を与えた場合に半数の個体が死に至る物質の重さで、個体の体重1kgあたりの値とする。 さまざまな物質のLD50 LD50 mg/kg
アクリルアミド アクリルアミド アクリロニトリルの水和から得られる無色・無臭で高い水溶性のビニルモノマー。実験室での電気泳動やクロマトグラフィーや、電子顕微鏡観察、汚水処理に用いられる。 ポリアクリルアミドゲル電気泳動(PAGE)のモノマーとして知られる。神経毒のため取り扱いに注意を要する( , , ,
アクリロニトリル アクリロニトリル プラスチックや接着剤、化学ゴムの製造で広く使われる。毒性の高い化合物。 * MeSH: 68000181 | * 化学物質安全性: あらゆる接触を避ける - 0092 リンク * アクリルアミド 毒 化学構造 ,
アフラトキシンB アフラトキシンB カビであるAspergillus flavusが産生するマイコトキシンで、肝臓に対する毒であり、肝臓がんを引き起こすことがある。変異原性、催奇性で、動物の免疫抑制を引き起こす。ピーナッツ・綿実食品・トウモロコシ・その他穀物に混入する。このマイコトキシンは活性化のためにアフラトキシンB1 2,3-oxideにエポキシ化が必要である( ,
アフラトキシンBエポキシド アフラトキシンBエポキシド (aflatoxin B1-2,3-oxide) 化学構造 毒 ,
アフラトキシンM1 アフラトキシンM1 4位が水酸化されたアフラトキシンBの代謝物で、ASPERGILLUSに汚染された食品に含まれるマイコトキシンのひとつ。肝障害や肝臓癌にかかわっており、P450の活性化を経てエポキシドによるDNAのアルキル化を引き起こす。 ,
アフラトキシンQ1 アフラトキシンQ1 化学構造 毒 ,
アンメリン アンメリン リンク * メラミン添加によるペットフード原材料の擬装 (愛知県衛生研究所 化学部) * メラミン * シアヌル酸 * アンメリド * アンメリン 化学構造 毒 ,
コレラトキシン コレラトキシン コレラトキシンは細胞表面の炭化水素に結合し、細胞内に毒性ドメインを運ぶ。そして、細胞内のGタンパク質にADPを結合させ続け、細胞の情報伝達を阻害することで死に至らしめる。 , , ,
ジエチレングリコール ジエチレングリコール リンク * パナマにおける謎の疾病 原因はジエチレングリコール(愛知県衛生研究所 化学部) * Case Definition: Toxic Alcohols(米国CDC) * Fatalities Associated with Ingestion of Diethylene Glycol -Contaminated Glycerin Used to Manufacture Acetaminophen Syrup(米国CDC) * 食の安全学 番外編2 パナマ毒シロップその後(薬の安全学) * 化学物質安全性カード 化学構造 毒 ,
タブン タブン 毒ガスの一つで、1963年、有機リン系の農薬開発過程で見つかった、最初の神経ガス。 アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼに結合し、反応を阻害する。その結果、アセチルコリンが分解されないため、シナプスにアセチルコリンが蓄積され、アセチルコリンレセプターが四六時中活性化されてしまう。筋肉に信号を延々送り続けることになり、けいれんを起こす。… , ,
ヒ素 (As) ヒ素 (As) 光沢のある灰色の元素で、元素記号は「As」、原子番号33、原子量75である。宇宙全体に存在しほとんどは金属ヒ素の形態である。ヒ素を含むほとんどの化合物に毒性がある。4th Annual Report on Carcinogens (NTP 85-002, 1985)には、ヒ素やヒ素化合物が発がん性物質としてあげられている。(Merck Index, 11th ed) ,
ホスゲン ホスゲン 毒性の非常に高いガスで、化学兵器として使用されてきた。これは、致死濃度のガスを吸入してもすぐには刺激がない、潜行性の毒である。(The Merck Index, 11th ed, p7304) 毒 神経 化学構造 , ,
メタミドホス メタミドホス Link * 化学物質安全性カード 化学構造 毒 ,
メラミン メラミン リンク * メラミン添加によるペットフード原材料の擬装 (愛知県衛生研究所 化学部) * メラミン * シアヌル酸 * アンメリド * アンメリン * Chemical safety cards: 1154 毒 化学構造 ,
有機リン系農薬 有機リン系農薬 神経ガスの類似化合物で、害虫の呼吸系を麻痺させる。 フェニトロチオン -> 化学物質安全性カード - 国立医薬品食品衛生研究所 マラチオン -> 化学物質安全性カード - 国立医薬品食品衛生研究所 パラチオン -> 化学物質安全性カード - 国立医薬品食品衛生研究所 , , , ,
炭疽毒素 炭疽毒素 炭疽毒素は炭疽菌の生産するタンパク質のひとつである。炭疽菌はヒトに感染しにくいため、炭疽病自体はよくある病気ではない。炭疽菌は、普通は感染した動物と接触した人や動物から感染する。バイオテロリズムとして脅威となっているのは、炭疽菌を「胞子」の形で何年も保管でき、吸入すると致命的な感染につながるため、兵器として扱いやすいからである。… , , , ,
神経ガス 神経ガス 神経伝達物質であるアセチルコリンの分解を阻害するガス。 アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼに結合し、反応を阻害することで、アセチルコリンがシナプスに蓄積される。その結果、アセチルコリンレセプターが常に活性化されてしまい、筋肉のけいれんなどがおこる。 ,