BioWiki

TAG: 細菌

ページ内容タグ
lacリプレッサー lacリプレッサー 細胞の生命活動では、四六時中必要とされるタンパク質もあれば、ほんの少しだけ必要なタンパク質もある。そのため、DNAの塩基配列にはタンパク質の設計図であるコドンだけでなく、「いつ作るか」「どんな状況で作りはじめるか」という指示も含んでいる。その制御を行なうのもまた制御因子と呼ばれるタンパク質群である。
カタボライト活性化タンパク質 カタボライト活性化タンパク質 バクテリアは、周囲のグルコース濃度によって代謝反応を切り替える。そのスイッチとなるのがカタボライト活性化タンパク質である。 グルコースが豊富な環境では、細胞表面のアデニルシクラーゼが活性化され、 , ,
ニトロゲナーゼ ニトロゲナーゼ 空気中の75%を占める窒素分子は、化学的な安定性が高いために窒素原子に分けることがとても難しい。バクテリアのニトロゲナーゼ酵素は、この難しい反応を行い、生物が使いやすい分子として窒素を固定化する。 , , ,
バクテリオロドプシン バクテリオロドプシン 光合成を通じて植物は日光を取り入れて糖を作り出し、これらの糖は成長やエネルギーに必要とされるすべての開始物質として供給される。植物の光合成は複雑な光アンテナ、 , ,
制限酵素 制限酵素 バクテリア(細菌)は、常にバクテリオファージ(バクテリオファージφX174など)の攻撃にさらされている。それらから身を守るために、バクテリアの多くの種は外から入ってきたDNAを切ることでバクテリオファージを攻撃する方法を編み出してきた。 , , , ,
概日時計タンパク質 概日時計タンパク質 生物には、1日の長さを知るための仕組みを備えていて、これを概日時計と呼ぶ。シアノバクテリアで見つかった単純な仕組みには、3つのタンパク質がかかわっており、タンパク質の合成と分解のサイクルの時間が制御されている。 , ,
炭疽毒素 炭疽毒素 炭疽毒素は炭疽菌の生産するタンパク質のひとつである。炭疽菌はヒトに感染しにくいため、炭疽病自体はよくある病気ではない。炭疽菌は、普通は感染した動物と接触した人や動物から感染する。バイオテロリズムとして脅威となっているのは、炭疽菌を「胞子」の形で何年も保管でき、吸入すると致命的な感染につながるため、兵器として扱いやすいからである。… , , , ,