BioWiki

MeSH

ページ内容タグ
N-アセチルノイラミン酸 N-アセチルノイラミン酸 ノイラミン酸のN-アシル誘導体。N-アセチルノイラミン酸は、動物やバクテリアの多くの多糖、糖タンパク質、糖脂質に見られる。 Links * MeSH * N-Acetylneuraminic acid シアル酸 化学構造 mesh , ,
イオノフォア イオノフォア 細胞脂質膜や合成脂質膜において、イオンの透過を促進する化学物質。ほとんどのイオノフォアは比較的小さな有機分子で、脂質膜内を移動出来るキャリアとして振る舞ったり、イオンが膜を貫通できるチャンネルを形成する。多くは
シアル酸 シアル酸 デオキシアミノ糖であるノイラミン酸のN-, O-アシル誘導体。天然に存在し、多くの組織に分布している普遍的な化学構造である。 Links * MeSH * Sialic acids mesh
セレノシステイン セレノシステイン 真核生物および原核生物いずれにも存在する天然のアミノ酸である。tRNAやいくつかの酵素の活性中心に見られる。グルタチオンペルオキシダーゼやギ酸デヒドロゲナーゼの遺伝子では、TGAコドンがセレノシステインをコードしている。 ,
タンパク質合成阻害剤 タンパク質合成阻害剤 タンパク質合成を阻害する化合物。これらは普通、抗菌剤や毒となる。タンパク質合成にはリボソームをはじめとする多数の酵素反応が関与しており、阻害メカニズムも多い。
ヌーナン症候群 ヌーナン症候群 Noonan symdrome - MeSH 遺伝異型の一つで、小人症、翼状頸、下垂症、骨格奇形、隔離症、ホルモンの失調、停留睾丸、複数の心臓の異常(肺動脈弁狭窄が最も多い)、精神遅滞といった特徴をもつ。この表現型は女性にのみ起こる45番X染色体核型異常であるターナー症候群と類似している。ヌーナン症候群は正常核型をもつ男性にも女性にも起こる(46番XX、46番XY)。この症候群の表現型には複数の遺伝子(PTPN11, KRAS, SOS1, NF1, RAF1)での変異が関係している。最も共通しているのはPTPN11における変異である。ヌーナン症候群は、PTPN11における変異が原因であるレオパード症候群と症状が重なる。また、NF1の変異による神経線維腫性ヌーナン症候群とも症状が重なる。…
ノイラミニダーゼ ノイラミニダーゼ 種々の生体分子の末端のシアル酸のα-2,3、α-2,6、α-2,8-グリコシド結合(反応速度順)の加水分解を触媒する酵素である。シアル酸を持つものとしては、多糖類・糖タンパク質・糖脂質・コロミン酸(シアル酸重合体)、その他合成化合物がある。 , ,
バンコマイシン バンコマイシン 放線菌Streptomyces orientalisから得られた抗菌剤。リストセチンに関連する糖ペプチドで、バクテリアの細胞壁合成を妨げる。腎臓や内耳に対する毒性がある。 PDB entries Links * MeSH * VANCOMYCIN HYDROCHLORIDE injection, powder, lyophilized, for solution - DailyMed * Vancomycin 糖ペプチド 抗菌剤 mesh , ,
ビタミン ビタミン ヒトの生命活動の維持や成長に少量必要とされる有機化合物で、体内で作りだすことができず摂取が必要なもの。 Links * MeSH * Vitamins mesh
ビタミンB12 ビタミンB12 配位子としてコバルトイオンを含む有機化合物で、腸内の微生物によって生産され、土壌や水中にも存在する。高等植物はビタミンB12を濃縮しないので、動物由来の物質に比べるとビタミンB12に乏しい。 ,
内因子 内因子 胃腺の細胞から分泌される糖タンパク質。ビタミンB12の吸収に必要とされる。内因子が欠損するとビタミンB12欠乏症や悪性貧血(PA)を引き起こす。 Links * MeSH * Intrinsic factor mesh 糖タンパク質 ,
抗ウィルス剤 抗ウィルス剤 ウィルス感染の予防やウィルス性疾患を治療する薬剤。ウィルスの複製を防ぐため、いくつかのメカニズムがある。 * ウィルスDNAポリメラーゼを阻害する * 細胞表面に特異的に結合し、ウィルスの透過や脱殻を防ぐ
抗変異原性 抗変異原性 自然発生的あるいは誘導された変異の頻度を抑える薬剤。 Links * MeSH * 抗癌剤 * 抗新生物薬 * 抗変異原性 * Antimutagenic Agents mesh
抗感染薬 抗感染薬 感染の広がりを防ぐために、感染性の物質や生物が広がるのを防いだり殺したりする物質。 Links * MeSH * Anti-infective agents mesh
抗真菌剤 抗真菌剤 真菌の成長や再生を抑えて死滅させる化合物。 Antifungal agentsはFUNGICIDES, INDUSTRIAL(殺菌剤・防カビ剤)とは異なるものと定義されている。Antifungal agentsは人間や動物の組織に存在する真菌から身を守るためである。
抗菌剤 抗菌剤 バクテリア(細菌)の成長や再生を妨げる物質 Links * MeSH * Anti-bacterial agents mesh
指示薬・試薬 指示薬・試薬 化学的・生物学的・病理学的な過程や状況の検出・同定・分析などに用いられる化合物。 指示薬は、条件によって色などの物理的な性質が変化する。たとえば、ある呈色指示薬は酸性とアルカリ性の間に通るある点に近づくと色が変わる。
核酸合成阻害剤 核酸合成阻害剤 細胞内のDNA、RNAの合成を阻害する物質。 Links * MeSH * Nucleic acid synthesis inhibitors mesh
神経保護剤 神経保護剤 (Neuroprotective agents) 脳や脊髄を局所貧血・脳卒中・けいれん・外傷から守るための薬。症状が出る前に投与しなければならないものもあるし、一定時間後の投与が効果的なものもある。これらはさまざまな機構で働くが、直接的・間接的に内因的な興奮性アミノ酸による傷害を最小化するものがよく見られる。
糖ペプチド 糖ペプチド ポリペプチド鎖に共有結合で糖が結合したタンパク質やペプチド。タンパク質部分が主体であり、糖などの炭水化物の重量は全体に比べるとごく小さい割合である。 Links * , ,
酸化還元 酸化還元 ある分子から別の分子に電子が移動する化学反応。電子を供与する分子は還元剤と呼ばれ、電子を受け取る分子は酸化剤と呼ばれる。酸化剤と還元剤はそれぞれが対応するペアと電子を授受して機能する。 (Lehninger, Principles of Biochemistry, 1982, p471) (
除草剤 除草剤 不要な草木の除去に用いられる薬剤で、特にさまざまな雑草やイネ科植物、木本類に用いられる。除植物が草剤に対する耐性を獲得することがある。 Links * MeSH * Herbicides mesh
食物 食物 体内に摂取されて栄養素となる物質全般。 Links * MeSH * Food mesh